もりなが農園

柳川 七ツ家の地で150年
“老舗農家”が手がける注文販売のみの米
—(株)もりなが農園 代表取締役・福永貴大


 有明海と筑後川に面した福岡 柳川の七ツ家は、江戸時代からの干拓地。(株)もりなが農園はこの地で150年、代々農業を営んでいる“老舗農家”です。

 注文販売のみにも関わらず、数多くの主婦に選ばれ続けている同社のお米は、バランスの良い食味が特徴のヒノヒカリ。作り手である代表取締役の福永貴大さんは、かつて海だった天然ミネラルが豊富な土地と潮風を活かし、常に研究を重ねながら、うまみの詰まった美味しい農産品を育てています。

「あちらに見えるのが有明海に注ぐ筑後川の河口部分です。この堤防のすぐ手前にもうちの畑がありますよ」

 河口に群れをなして浮かぶ水鳥を背にして干拓地を見渡すと、遮るものがない広大な農地が一面に広がります。

一面に広がるんもりなが農園の田んぼ
潮風が吹き抜ける広大な農地で、米、麦、大豆などの農産品を育てています

 福永さんは、福岡ドームのフィールド面積を、ほぼ倍にした23町にもおよぶ田畑を所有。柳川市から大川市にまたがる土地すべてに目を行き届かせながら、お米をはじめ、麦、大豆、トウモロコシなどの農産品を、こだわりの農法で育てています。

「有機肥料として田んぼに入れる稲藁の鋤き込み方ひとつに至るまで、工夫をしています。トラクターの刃や、刃が土に入る深さまで細かく調整すると、土中での醗酵の度合い、スピードがまったく違ってきます。田んぼに張る水についても、水質レベルから考えています。企業秘密なので多くは言えませんが」

 このように細部までこだわりを見せる福永さん。特に、老舗農家の伝統から生まれたとも言える土づくりは、実に独創的です。

「自宅母屋の味噌部屋で60年以上寝かせた味噌があり、その菌のチカラに着目しました。そこから地元醤油蔵の協力を得て、土着の菌で仕込んだ“もろみ”などが入った特別な有機肥料を考案しました。麹菌、酵母菌、乳酸菌など、その土地の菌を活かした有機肥料で、安心・安全で美味しい農産品をお届けしたいと思っています」

もりなが農園の土づくり
土着の菌で仕込んだ"もろみ堆肥"。発酵が進んだ堆肥から湯気が上がります

 こうして手間ひまかけて育てたお米は、粘り、味、香り、ともに三拍子揃い、バランスの良い食味を生み出しています。

「うちのお米は冷めても食味が良いので、おにぎりやお弁当にお薦めです。炊飯時は、土鍋やガス釜を使用し、軟水で炊くとさらに美味しくなります」

 さらに、水加減を調節できるのもうれしい特徴です。固め、柔らかめと好みに合わせて炊き分けても美味しくいただけるほか、どんぶりや炊き込みご飯をつくる際もお米がベチャッとならず、たいへん重宝します。食味を気にする小さなお子さまがいる家庭でも安心です。

おいしいごはん
食味の良さをはじめ、炊き分けができる便利さもあり、人気を博している(株)もりなが農園のお米

 また、味わいだけでなく、猛暑による高温障害等によって米粒が白くなる乳白米(白未熟米)がほとんどなく、透明感のある美しさを併せ持つのも特徴です。

 これに加え、通常は外注するお米の乾燥や選別を、すべて自社で行うなど徹底した管理を行い、品種が持つ食味の良さを最大限に引き出しています。その品質や管理法などが注目され、今年の2月には、ドイツの雑誌編集者、飲食店経営者らが視察へ訪れるまでに。また、酒蔵からの信頼も厚く、現在、柳川市の目野酒造をはじめ、5つの酒蔵に山田錦、壽限無(じゅげむ)といった酒米を納めています。

もりなが農園で働く人たち
代表取締役を務める福永貴大さん(左)と、農場長を務める中原琢磨さん(右)。5月には女性社員が入社予定

 日々、広大な農地管理に追わる福永さんですが、常に農業革新に挑み、地方へ視察に出かけて新技術を学ぶほか、積極的に新しい作物の栽培実験を行うなど研究に余念がありません。現在は、デュラム小麦や、南米のフルーツ栽培に向けた準備を行っています。

 そんな多忙を極める中でも、毎年、必ず開く子供向けのイベントがあると言います。

「農業に興味を持ってもらう目的で、畑を開放してジャガイモ掘りをしています。無邪気に芋を掘る子供を見ていると癒されますし、この中から未来の農家が出てきてくれればうれしいですね」

 老舗農家に息づく伝統と革新から生まれた、こだわりのお米。選ばれ続ける“信頼の味”を、ぜひご家庭で味わってみて下さい。

もりなが農園へのお問い合わせはこちら


農園情報

出荷依頼 : 双方打ち合わせの上

品  種 : ヒノヒカリ

出荷期間 : 通年

価  格 : 5kg—1,500円、   10kg—3,000円、   30㎏—8,000円(玄米のみ)

味の特徴 : 粘り、味、香り、三拍子揃ったバランスの良さが光るお米。水加減を調節しても美味しく炊き分けができ、まず炊飯に失敗することがない

お薦めの食べ方 : 土鍋などを使用し、良い水で炊く。冷めても美味しいので、お弁当にピッタリ。お粥もお薦め

セールスポイント : “もろみ”を使用したこだわりの有機肥料で育ったお米。また、「こだわりのお米」にも関わらず、乾燥・選別など精米にまで関わるすべての工程を自社で行っているため、非常にコストパフォーマンスが高い。収量も多いので、飲食店をはじめ、学校給食や社員食堂、老人保健福祉施設、病院等の仕入れ担当者は必見

ホームページ : http://morinaga-nouen.nouka.net/

このページの先頭へ