ゆむたファーム

弾力のある白身と、レモン色の黄身 今では希少な“普通のたまご”を食卓へ
—ゆむたファーム 高木雄治朗


“普通のたまご”の黄身はレモン色って知っていましたか? 初めてゆむたファームの卵を手に取った方は、皆一様に黄身の色に驚きます。そして、その透明感のある味わいに多くの方がリピーターになってしまいます。

「30年ほど前までは、卵の黄身の色はどこもレモン色でした。今では餌に色素を混ぜて黄身をオレンジ色にした卵が市場を占めていますが、うちでは配合飼料をはじめ、抗生物質、色素も使用していません。普通に飼われた鶏が産んだ普通の卵の生産を心がけています」

野菜のような卵
弾力のある白身と、レモン色の黄身。今ではほとんど手に入らない"普通のたまご"の味にはリピーターが多く、料理研究家や料理人などから厚い信頼を得ています

 こう語るゆむたファーム農場主の高木雄治朗さんは、耳納連山の奥深く、自然豊かな地で自然卵養鶏(注1)を行っています。折に触れ、「うちでは何も特別な事はせず、普通に養鶏をやっています」と語る髙木さん。しかし、その“普通”に対する考え方、姿勢はとても真摯です。

ゆむたファームの鶏たち
広い鶏舎内でストレスなくのびのびと過ごす鶏たち

 高木さんは鶏の健康を、栄養を吸収する腸のはたらきから捉えているといいます。鶏に与えている大麦、ヌカ、大豆などを混ぜ合わせた自家配合の餌には特別な酵素を加え、醗酵餌にして消化・吸収を促しています。

 さらに、鶏舎で出る鶏糞を良質の醗酵鶏糞堆肥にして畑にすき込み、甘味の強い野菜を育てて与えています。育てている野菜は通常の野菜でなく、微量栄養素を豊富に含む在来固定種(注2)のものを選び、農薬不使用で育てる徹底ぶりです。

ゆむたファームの無農薬野菜
良質の発酵鶏糞堆肥をすき込んだ畑で育つ野菜は甘みが強く、人が食べても安心・安全です
農薬不使用の野菜
神奈川の伝統野菜である三浦大根をはじめ、紅菜苔やターサイなどの中国野菜、水菜や小松菜などすべて在来種の野菜を自然栽培で育てて鶏に与えています

 それに加え、季節によっては葡萄や梨、柿などの果物も与えるほか、食欲が減退する夏季などには、シソやニンニク、ニラ、焼酎、酢なども餌に混ぜ込むなど、日々、鶏の体調を見極めながら養鶏を行っています。

 こうして健康的に育った鶏が産んだ卵は、臭みがなく、透明感のある味わいが特徴。まるで“野菜のような卵”というべき味なのです。

「卵アレルギーだけど、この卵は食べられると仰ってくださった方もいます。本当にうれしいですね。お薦めの食べ方は、やはり卵かけご飯とオムレツでしょうか。ともに味付けは塩のみで。シンプルに卵の味を楽しめます」

たまごかけごはん
ゆむたファームの卵でつくる"卵かけごはん"は、とにかく逸品です

 今では、料理研究家をはじめレストラン、スイーツ店からの注文も多いゆむたファームの卵。その美味しさは口コミでますます広がりをみせています。

 弾力のある白身と、レモン色の黄身――。今では希少な“普通のたまご”は、ぜひ皆さまの食卓へお届けしたい逸品です。

ゆむたファームへのお問い合わせはこちら


農園情報

出荷依頼 :双方打ち合わせの上

出荷期間 : 通年

価  格 : 10個入 600円

味の特徴 : 臭みがなく、透明感のある「野菜のような卵」

お薦めの食べ方 : 醤油でなくポン酢でいただく卵かけご飯が一押しです

セールスポイント : 標高400mの自然豊かな土地に、平飼いで伸びのび育った鶏が産んだ卵。農薬不使用で栽培した在来固定種の野菜を餌に育った鶏の卵

ホームページ : http://yumuta-farm.nouka.net/

(注1)
「平飼い、自家配合の醗酵餌、野菜や草を給餌」この3点を基本とした養鶏法

(注2)
毎年、遺伝子の交換を行って次代の種子を生産してきたもの。作物本来の個性的な形・味を持つ

このページの先頭へ